2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
このブログの更新は終了しました。
新しいブログはこちらになります。
  スポンサーサイト    --.--.-- (--) --:--:--
カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ZXA TUNES届いたどー    2007.08.30 (Thu) 23:36:53
カテゴリー:ロックマン
直接玄関に来るものかと思ってた。郵便ポストね、はいはい。
発送完了メールが一昨日だったから、もしかしたら、昨日中に届いてたのかも?そういう人沢山いるし。ぅあ、なんかそれって損した気分(発売日に手に入ったからいいじゃん

20070830_01.jpg

特典のマウスパッドは一生使わないだろうな。今時マウスパッドって必要ないし。どう考えても、書き下ろしイラストがメインだね。・・・アッシュ曰く「私のお宝」であるライブメタル・モデルAの扱いに涙;

さて、届いたはいいけど、色々あったのでまだ碌に聴けてません(泣;
ホントに父には空気読んでほしい(何のことだ

ですから、感想は明日あたりにでも編集して追加しておきます。


(明日どころじゃなかったけど感想追加)
全曲語ってもしょうもないので、一部の曲とボーカル曲だけレビュー。大体半分ぐらい。こんなに書く人も珍しいだろうな。

 <Ashe Disc>

「Go For It !」
ZXAのイメージソング。ボーカルはあきやまかおるさん。途中、ブツブツ音が鳴ってる気がするんだが、仕様だろうか。私は音楽聴く時はイヤホン使う人だからそういうの気になって仕方ない。
曲そのものの感想としては前にも似たようなことを言ったと思うけど、ロックマン関係ないんじゃ・・・といった感じ。歌詞のテーマはZXAを意識すると「運命」といったところかな。しかし、なんとも言いがたいなぁ。イメージソングならかっこいいものを期待してたんだけどなぁ。

「Through the Lightning」
アッシュOPステージ。本当に完璧すぎるぜ、この曲。イントロ(?)部分からの盛り上がり方から既に熱い。リマスター用に新たに加えられた旋律もカッコイイし、この部分が曲名(日本語で「稲妻を抜けて」って感じ?)を意識している感じがして尚良い。アッシュの性格が出ている感じもグッド。ボーカルアレンジ曲の「Be One」を聴くとまた違ったように聞こえてきて更にいい曲に感じる。本当に何処までも素晴らしい一曲ですww

「Target Chaser」
輸送列車。鳥肌が立ったよ。なんてかっこいいんだ・・・。後半のギターアレンジも好き。モデルAの変身後、BGMだけでかなり盛り上がったぜ。あぁ、素晴らしい。もうコメントのしようがないや(笑

「Slam Down」
ボス戦。ゲームで聴くより良い感じだけど、前作のボス戦BGM「Rockin' On!」の熱さには劣る。この頃、メロディアスなボス戦曲になりがちで・・・って、そこがいいんだよ、一法さん!前作ほど熱い戦闘曲はいくら全体を通して完成度の高いロックマンサウンドでも稀だと思いますよ、私は。今作のは単純にボス戦BGMとしては事足りるけど、ロックマンサウンドとしてはもう少し頑張ってほしかった感がある。

「Bullet Drive」
レギオンズ本部。一法さんの言うスピーディーでカッコ良く、まさにその通りです。これから乗り込むぜ!みたいな意思を感じる一曲。曲の話ではないけど、コメントに書いてあるレギオンズ本部のある場所の設定話等、ありがたいお話が聞けて嬉しい限り。

「Be One」
アッシュOPステージのボーカルアレンジ。ボーカルはCAOさん。元々が神クォリティの曲なんだけど、このボーカルアレンジもまた独立して凄い。CAOさんの歌唱力や歌い方がまた良いんだよね。歌詞もかなり好感触。不満があるとしたら3分ちょっとは短いよ、もっと聴きたいといったわがままぐらいか。コメによると、アッシュは最初は髪を下ろしたロングヘアだったのをドットの都合上でポニテにしたとか。髪を下ろしたアッシュ見てみたいな。

「In the Wind」
浮遊遺跡。ゲーム中でも私のフェイバリットナンバーのトップクラスであるこの曲、たまらんねぇ~w
ホントもうカッコイイ。つk、カッコイイしか言えなくなってきてる^^;
ヘリオスたちの語源は発売前情報ページに書いたとおり、土星の衛星から。プロパンは元々神話ネタだったと思うけどね。

「Overloaded」
ハイウェイ。他の曲とは違った音で一風変わった雰囲気の曲。それらの音を巧みに使ってハイウェイにぴったりの駆け抜ける感じのカッコイイ曲。ただ、ハイウェイステージは例のザコ敵の御陰で気持ちよく駆け抜けられないのが残念だ。私はスピードアクション派なのであれはイライラした。

「Determined Eyes」
ヴァン、エールのモデルZX変身時。こてこてのヒーローもののような王道的熱さがカッコイイ。すっごいノリノリ。しかし、明らかにエールの変身は浮いてる。ハヤカワさんの趣味で変身シーンが長いって・・・そういうのは勘弁してほしいなぁ^^;
いつもと違う感じのするこの曲、兄貴こと葉山宏治さんの作曲でした。なるほどw

「Oriental Sentinels」
滝の遺跡。三味線を用いた和風のナンバー。和風なんだけどなんか和風じゃないかっこよさ。あ、楽器の使い方が凄いって意味ね^^;
マニアモードではアーウーはジェミニマンの動きをするとか。ロックマンワールドのどれかにもジェミニマンいたと思うけど、時間の都合で1と2しかやってないやorz

「Path to the Truth」
海底火山。一法さんのコメントが本当に適切。物語の結末へ向けた何かを髣髴させる軽快なナンバー。クライマックスだ!かっこいい曲だなぁ・・・。なんで、このステージ二度と来れないんだろう;;

「Trap Phantasm」
プロメテ、パンドラ戦。神曲中の神曲。凄ぇよ。もう凄ぇよ。前作の「Trap Factory」が幻想的だったのに対し、テンポを上げてもっとストレートなカッコ良さに力を注ぎ込んだ感じの一曲。前作のアレンジと今作のアレンジにはそれぞれの良さがあるので甲乙付けがたい。極められたサウンドですね!

 <Grey Disc>

「Destiny」
グレイOPステージ。インティ製ロックマンのOPステージは神曲揃いの法則。あぁ、カッコイイ!カッコイイ!カッコイイ!これから壮大な冒険が始まるぜ!な一曲。うぁー、ええのぅw

「尋求未来」
レギオンズ本部のボーカルアレンジ。ボーカルは生志恒さん(読めねぇよっ!)。なんかよくわからない理由だけど、一法さんの思いつきで中国語になった曲。ブックレットの始めにあるライナーノーツでは「大胆すぎ」というコメントだけ。ライターさんも困ってますなぁ。中国語なんてわかんないよ・・・orz
元々が素晴らしい原曲を中国風にアレンジ、めちゃ上手いボーカルといった要素で悪くはないんだけど、中国語ねぇ・・・。

「Whisper of Relics」
謎の研究所(テスラット側)。落ち着いた雰囲気と謎めいた雰囲気の2つが織り成す不思議な一曲。テンポの速いノリノリ系もいいけど、私はこういう曲も好きです。このステージで物語の核心に迫ると言う責任もこの曲が担っていてワンダフォー!(何
テスラットのイントネーションは声優さんのアドリブだそうで。プロって凄いね。アレでキャラ出来上がってるものね。なによなによっ!

「United Forces」
ウロボロスステージ。最終決戦にぴったりの差し迫った運命のゲームをよく表している曲。ひたすらカッコイイw(←そればっかだな

「Soul Ablaze」
アルバート第1形態戦。ゲーム中では忙しくてゆっくり聴く機会はあまりないのですが、曲の端から端までカッコイイ。曲はカッコいいけど、ボスがショボいのが残念だ。ちなみに、一法さんはアトラスではなくシャルナクで戦う派。私と同じだw

「未来へ続く風」
挿入歌(モデルA変身時、ED曲)。ボーカルはCloverでお馴染み糸賀徹さん。ゲームエディットとは若干アレンジが異なる。ゲーム版の方が好きな部分があったけど、相変わらずの良曲。ハモリ部分が良い感じ。ただ、このリマスターは綺麗に歌いすぎと言うか、ゲーム版の方が力いっぱい歌ってる感じがした。つk、イメージソングはこっちでいいじゃんと言うのは禁句ですk(ry
コメントの「歌ものを多く作ろう」って、無理に作らなくていいから、「Innocemce」並みの完成度のものが一曲あればいいよ。今回のイメージソングはなんかよくわからん方向にいっちゃってるから。

「Rockman a ( antique ) Remix」
ミニゲーム「ロックマンa(アンティーク)」に於ける2曲のミックス。元々の曲が前作の「Green Grass Gradation」と「Rockin' On!」という贅沢仕様なので、満足すぎる。やってくれたぜ。アドバンスのソフトだけど、エグゼの影響でピコピコ音楽は好きなのよ。バスターとかジャンプとかの効果音の使い方もナイス。「Rockin' On!」の前にシャッター音とか芸が細かくて好きよ。最後のティウンティウンはお決まりですねw
まさに、海馬を揺さぶる渾身の一曲です!(人のコメントパクるなよ;

・・・とまあ、こんな感じのレビュー。宿題終わらすのに余裕が出来そうだから割と張り切って書いたぞ。気に入ったものにはカッコイイしか言ってないような平たい感想ですが、いいんです。カッコイイが一番お似合いの言葉ですから。つk、Ashe Discの完成度高ぇ!!(笑
こうしてじっくりと聴いてみると思ったよりも良い曲が揃ってますね。でも、前作の方が好きd(((


でさ、↓これ何て言うの?帯とでも言うのかな?
20070830_02.jpg

まあ、あるじゃない。ビニールに覆われて一緒にくっついてるやつ。開封してそれを取り出した時にビックリしたよ。

だって、裏見たらコレだもん↓
20070830_03.jpg

ちょwなんだコレw
わたしは・・・何?続きが知りたいよwあ、神だ、かww
半分欠けてる絵の残りも見たいじゃないかぁ!w


あと、ブックレット流すように見たわけだけど、グローベス明里さんって凄い名前だなーってスタッフロールかなんかで最初は思ってたわけだけど、このブックレットに書いてある過去に担当した作品を見て気付く。海田明里さんじゃないかぁ!
つk、字で気付けよ、自分・・・orz
ほほぅ。海田さんも独立してたんだ。青木さんも独立してるから、殆どのエグゼ曲を担当されたお2人はフリーになったわけですか。そりゃ、才能あるもんな。
海田さんの担当作品にルミナスアークとかあったけど、これってたしかトマが持ってたはず。ちょ、ちょっと音楽だけ気になるぞ^^;


そういえば、今回のサントラは前回と違って殆ど絵がないね。残念。初めて見るものはラフ1枚だけだもんね。色んな絵があるのだろうと思っていただけにちょっとショック。
それと、もうひとつ不満がある。ディスク取り出しにくいんだけど^^;
ディスクが曲がって割れそうで怖いって。パソコンに取り込んだからもう二度と取り出さねぇ!!(笑

Secret

TrackBackURL
→http://darkmessiah.blog106.fc2.com/tb.php/20-90d043aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。