2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
このブログの更新は終了しました。
新しいブログはこちらになります。
  スポンサーサイト    --.--.-- (--) --:--:--
カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  死ん・・・だ・・・?    2008.10.16 (Thu) 06:23:39
カテゴリー:ロックマン情報
昨日は疲れでダウンしてました。今日もまだだるいけど・・・風邪かなぁ。

流星のロックマン3公式サイト更新。

ウェーブステーションの変身に各ノイズタイプの能力掲載、システムにマージアウト掲載、壁紙1種追加。
新キャラについての言及なしですが、これでコロコロに掲載されたゲームシステムの情報の多くは掲載されました。ファイナライズの情報などが近いうちに更新されるでしょう。
各ノイズタイプの能力紹介ページにて「『ブラックエース』と『レッドジョーカー』のバージョンによって各ノイズへのチェンジし易さが異なる」という記述がありますが、わかりにくいな。先日も書きましたが、低確率で別バージョンの変身も発現するらしいです。

壁紙はノーマルロックマンと、各ノイズチェンジが並んだものです。これで15種類目って凄い更新ペースですね。

インフォメーションに予約&購入特典掲載。
内容は先日お伝えした通りですが、写真が見られますので、これを見て判断すると良さそうです。また、デザインから判断すると、イーカプ以外のものはバージョンによって特典が異なることはなさそうなので、先着購入特典は全部で5種類ということになりますね。コンプするにはおよそ25000円必要。これは酷い。
私はポーチと時計にしようかな・・・。でも、買い分けしなきゃいけないし、発売日は平日だし・・・うわぁ、酷く面倒だ・・・orz
とりあえず、一番欲しいポーチを扱っているトイザらスはオンラインショップでも予約ができますが、ポーチについての言及なしなので確認する必要がありそうです。
時計を扱っているヨーカ堂は検索してもヒットなしでした。直接、店に電話して確認した方が良さそう。面倒なので、古本市場の方も検索しましたら、こちらもトイザらスと同様、時計についての言及なしでした。結局、確認が必要。あぁ、めんどくせー・・・。

サテライトサーバーにマージアウトジェネレータ追加。
前々からコイツは危なっかしいとは思ってたけど、クラークさん遂にやられちゃったよ・・・。
なんかこのコーナーのお陰で、クラークに愛着みたいなものが湧いてたんでちょっとショックというか、よくやったというか(ぇ
とりあえず、助かりそうではありますね。記憶が飛んでいなければ、復活したときに何かビッグな情報くれそうですが、記憶飛んでると考えた方がいいかなぁ。

さて、マージアウトジェネレータですが、フォームアウト状態でも有効って言う書き方もこれまたわかりにくいですね。カラーアウトしなくても使えると書いたほうがわかりやすいと思うんだけど。
前回はただの予測でしたが、形状は元々のノイズチェンジに、色や属性が後付けのノイズチェンジ(マージノイズ)に依存するということがはっきりしました。
マージアウト時の能力は受け継がれないものを覚える必要がありそうですね。なんかめんどくさいなぁ。
マージアウトジェネレータは便利かもしれないけど、いちいちここで確認してられないっていうか。


書籍「流星のロックマン3データブック“シークレットサテライトサーバー”」関連記事
iNSIDEジーパラドットコム4Gamer.net

色々画像がありますので、見ておくといいかも。スバル君新イラストとかあるので。


「サテライトサーバー」は、何重もの階層で構成されたデータベース。レベルに応じたパスワードをゲームに入力することで「サテライトサーバー」にアクセス可能となり、さまざまなバトルカードがダウンロードできるようになる。


「変身アーカイブ」では書籍に付いている「ブランクカード」を使い、それぞれのノイズのページに掲載されているコマンドをゲームに入力することで、変身の種類を変更し、常時そのノイズ状態で戦うことができるようになるんだとか。但し、ノイズチェンジ毎に専用フォルダが用意されていて、これの使用が強制されるので必ずしも便利ではないかも。画像を見る限り、専用フォルダはロックマンの強さ(最大HP)によって3種類まで選べるようになるようです。

「サテライトサーバー」では、ブランクカードを使ってアクセスコードを入力すると、「サテライトサーバー」へ接続できます。戦闘中、バトルカードに混じって「アクセスポート」と呼ばれるカードが表示されるようになり、これを選ぶと、サテライトサーバー内のバトルカードをダウンロードして使えるようになります。ダウンロードしたカードが使えるのはその戦闘の時のみですが、「アクセスポート」が出るかぎり、何度もアクセス可能だとか。画像から判断するに、ダウンロードできるカードはサーバー毎に違うのは勿論ですが、サーバー内でも更に3つに分かれてるようですね。これは多分ランダムかな。
ダウンロードできるカードには、ゲームの進行では手に入らない強力なカードも含むようで、これもライブラリに含むならとんでもないことに・・・。
また、サーバーにはレベルがあって、ある仕掛けをクリアすることで、より上位のサーバーに接続できるようになるそうです。全56種類・・・って多いな!。サーバーごとに歴代のボス名が付けられ、ボス事典としての機能も充実しているとか。

ウィザードの所有者はオペレータというようで(エグゼの時と変わらないね)、マグネッツのオペレータの名前が画像に載っているようですが・・・字が潰れてて読めん\(^o^)/

Secret

TrackBackURL
→http://darkmessiah.blog106.fc2.com/tb.php/249-55192739
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。