2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
このブログの更新は終了しました。
新しいブログはこちらになります。
  スポンサーサイト    --.--.-- (--) --:--:--
カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  まだまだあった、トライブオン!    2007.10.13 (Sat) 15:54:01
カテゴリー:ロックマン情報
流星2のパッケージ画像が公開されました。あーまーぞーん。

流星のロックマン2 ベルセルク×ダイナソー(初回生産:「トライブアタックカード」“ジェノサイドブレイザー”同梱)流星のロックマン2 ベルセルク×ダイナソー(初回生産:「トライブアタックカード」“ジェノサイドブレイザー”同梱)
(2007/11/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る
流星のロックマン2 ベルセルク×シノビ(初回生産:「トライブアタックカード」“フウマシプウジン”同梱)流星のロックマン2 ベルセルク×シノビ(初回生産:「トライブアタックカード」“フウマシプウジン”同梱)
(2007/11/22)
Nintendo DS

商品詳細を見る

ベルセルクのイラストがカッコイイね。でも、私は前作のモラゴン・・・じゃなかった、ドラゴンの方が好きです(←お前、わざとだろ
つk、全体的に前作の方がカッコいいパケだったと思ふ。
それは兎も角、フウマシプウジンってなんだフウマシプウジンって。

それから、新情報が出たのでそちらも紹介(ソース:コロコロコミック11月号)。トライブオン時の各特殊能力はまだ発表していない模様。・・・ホントに、あとで「やっぱナシ!」はやめてほしいな^^;


7人対戦は「スカイハイコロシアム」 というもの。今までの情報の中で、Wi-Fiで7人対戦可能とはどこにも記述されてなかったことが気になってたんですが、案の定、ワイヤレスオンリーのようです。そりゃそうだ!因みにWi-Fiはシングルバトルのみ対応。
で、その「スカイハイコロシアム」 の内容はというと、公平な状況(全員が同一のフォルダを用いる、HPは一番多い人に合わせる)下で、星の数を競い合います。星は各自が最初から一定数持ちます。まずはフィールド上を自由に動き、他のロックマン(=他のプレイヤー)との接触でその人とエンカウント。1ターンのみのバトルを行い、判定勝ち(与ダメージ総量の比較で勝った場合)の場合は相手の所有する星の半分(1個の場合は1個、2個以上の奇数は知らん)を、倒した場合は全て奪うことが出来る。一定時間の間で最も多く星を所持している人が勝ちという事になります。
※「スカイハイコロシアム」を「スカイコロシアム」と誤記していましたので訂正しました。外国の方が混乱してました。すいませんでしたm(_ _)m

思ったこと。公平化が図られてはいるけど、弱い者(プレイヤー自体の腕が劣る者)いじめにならないことを願う。あ、個人が判別できなければ問題ないか。
それと、トーナメントはないようで残念。売り上げ的に良くはなかったと思うけど、エグゼ5DSって色々と凄かったと思うんだ。だから、その時の良い点は引き継いで欲しいなぁと。


次はブライ関連。やっと公式にソロ(ブライの電波変換前の人間)が発表されました。私らは随分とフライングしてたなぁ・・・。
「電波変換 ソロ、オン・エア」って言うらしい。やっぱり言っちゃうんだ。誰と電波変換するんだろ?ソロは今はなきムー大陸の唯一の生き残りで、ムー大陸を復活させようとしているらしい。ブライの「1人だからこそ強い」という言葉は、そういう意味だったんですね。そして、同じ目的を持つドクター・オリヒメにソロ(ブライ)は力を貸しています。
また、ブライの使用する技名も公表され、ブライナックル(連続パンチ)、ブライバースト(衝撃波)、ブライアーツ(乱舞)があります。公式サイトの動画見ればどんなものかわかると思います。
ちなみに、ブライ戦時は既にトライブキングが使えるようなので、物語の終盤になりそう。トライブキングはあくまで別バージョンのブラザーが必要ですが。

そして、ブライとどのような関係になるかは不明ですが、「孤高の証」を用いてロックマンが新たな変身を遂げます。ブライベルセルク、ブライダイナソー、ブライシノビの3つで、ダブルトライブのようにそれぞれの見た目は色違いです。ボディは黒と赤がベースでバイザーが緑。大体そんな感じ。私がコロコロ買ったわけではないのでよくは知らないけど。ちなみに、能力については未発表。
さて、これにより、これ以上は増えないと思うけど、今のところ発覚している変身は13種類になりました。かなり増えたな。前作は3種類だったのに、一気にソウルユニゾン(両バージョン含めた4または5に於けるもの)よりも多くなりました。対戦がどうなるのか楽しみです。


以上が、コロコロによる新情報でした。


今更なんですが、ぎゃーもからわかりやすい画像付きでダブルトライブ関連の補足がありましたので、改めて紹介したいと思います。

が、ちょっと出かけてくるので後で編集で追加します。
やっぱり、もうちょっと待って^^;

Secret

TrackBackURL
→http://darkmessiah.blog106.fc2.com/tb.php/41-945bdf0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。