2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
このブログの更新は終了しました。
新しいブログはこちらになります。
  スポンサーサイト    --.--.-- (--) --:--:--
カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ゼロシリーズの設定について云々    2010.04.09 (Fri) 23:05:27
カテゴリー:ロックマン
ゼロコレ公式サイトがリニューアルされたことは先程、紹介しましたが、そこで新たに発覚した設定の数々をここにまとめようかなと。というか、もはやツッコミ。言いたい放題言ってます。

ネタバレなんで続きから。クソ長い。
いきなりだけど、あの長い文章まとめ直すのも面倒なので引用しますね(オイ
それに一言添える感じでいきます。


200年以上前 エックス誕生
宇宙から飛来した未知のコンピュータウィルスによりロボットが暴走・凶暴化するという事件が発生した頃、Dr.ライトは未来の地球を案じ戦闘用のロボット「エックス」を完成させる。ウィルスに感染したロボットとの戦闘を想定しているため、万全のウィルス対策を施された。同時に幾つもの強力な兵装(アーマー)が生み出されたが、それはエックスが人間の脅威となる可能性を示している。Dr.ライトはエックスの思考プログラムの安全性を確認するため、解析カプセルにエックスを収め他界した。


エックスが誕生した理由にこんな具体的なものがあったなんて・・・。宇宙から・・・宇宙からの脅威?
いや、でも、本家10はサブタイ全く関係なかったしなぁ。

しかし、エックスにはウィルス対策できて、どうして他のロボットにはできないんでしょうか?
そこは譲って、応戦するにしても、エックスはメンテで最低30年は眠らなきゃいけないわけで、その間に世界が滅ぶわ!と思わずにはいられないですよ。結局、100年眠るし・・・うーむ、インティの解釈と思っておくべきなんでしょうか。

(追記)エックスに苦悩回路を搭載した理由にはならないですよね。


1XX年前 ゼロ誕生
世界征服を企むDr.ワイリーによりゼロが製造されるが、思考プログラムの欠陥により凶暴、かつ命令に従わない性格のため、Dr.ワイリー自身がゼロをカプセルに封印する。


ワイリーどんだけ生きてんだよwwww
フォルテもゼロも傑作中の傑作だけど、出来がいいやつほど言うこと聞かないねぇ^^;
ゼロをカプセルに封印したのってワイリー自身なんですね。

あと、ゼロはワイリー製って明言されたことってありましたっけ?これが初?


1XX年前 エックス発見
Dr.ケインにより、100年間地中に埋もれていたエックスが発見される。



1XX年前 レプリロイドの誕生
Drケインによるエックスの研究が進み、それを元により高度なロボット「レプリロイド」が誕生する。



1XX年前 Σウィルス発生
過去に猛威を振るったコンピュータウィルスの亜種が発生し、局地的にロボットの暴走が始まる。人間政府はこのウィルスに感染したレプリロイドをイレギュラーと認定し、処分する事を決定する。原因は100年以上前に流行した未知のコンピュータウィルスが、ゼロの眠るカプセルから流出した為であった。後に、そのウィルスのキャリアであり、人間政府に対して反乱を起したレプリロイド「シグマ」から名を取り、Σウィルスと命名される。


後の話を読む限り、ゼロは感染せず、カプセル内にウィルスが残ってたらしい。しかし、どうしてこの時期になって突然ウィルスが流行りだすんだろう?

・・・いや、待てよ。その前にさ、ゼロに組み込まれたロボット破壊プログラムが元でシグマは暴走したのが一般的じゃないでしょうか?
これはX8でルミネが否定してますが(シグマや新世代型レプリロイドは自らの意思でイレギュラー化する)、話の収拾がつかなくなってきたXシリーズに梃入れしてるんだろうなと私は思い、それまでとは別物と考えていて。Xシリーズ単独で矛盾だらけですものね。イレハンやコマミでもまた。

そういや、Σウィルスはエックス特有の苦悩回路だという話もありましたね。


1XX年前 イレギュラーハンター部隊結成
イレギュラーの処分を推し進める人間政府は、レプリロイドによるイレギュラーの駆除を決定し、イレギュラーハンター部隊を結成する。皮肉にも、初代イレギュラーハンターのリーダーはシグマであった。



1XX年前 ゼロ起動
カプセルからゼロが目覚め暴れているとの情報が入り、イレギュラーハンターのシグマは現場に急行する。シグマはそこで、ゼロのカプセルから漏れ出した未知のコンピュータウィルスに感染するが、同時に、シグマとの戦闘で装甲を破壊されたゼロもウィルスに感染してしまう。それによりゼロは性格が反転しイレギュラーハンターとして活躍する事となった。


ゼロが眠ってるってことは予めわかってたような記述だなぁ。ロボット破壊プログラムなんてなくて、ここでゼロがウィルスに感染、それが何故か良い方向に働く、と。毒をもって毒を制したわけですか。


1XX年前 イレギュラー戦争開戦
未知のコンピュータウィルスに感染したシグマがイレギュラーを扇動し、人間政府に対して反乱を起す。人間を襲うイレギュラーと、人間を守るイレギュラーハンターとの戦いが始まる。



1XX年前 コロニー「ユーラシア」の落下
シグマの指示の元、レプリロイドの傭兵ダイナモが旧型のコロニー「ユーラシア」を地上に落下させる。人間政府はイレギュラーの危険性を再認識するとともに、イレギュラーの根絶を目標に掲げる。汚染区域となった落着地点はエリア・ゼロと呼ばれ、以後100年間、立ち入り禁止区画となった。


X8やっていると、ダイナモはてっきり黒歴史化したものかと・・・。
彼はあれからどうなったのでしょう?


1XX年前 ナイトメア事件
Σウィルスの亜種として注目を集めたナイトメアウィルスが世界中に蔓延する「ナイトメア事件」が発生する。根源はΣウィルスのキャリアであるゼロが、ハンターとして世界各地で活動する際、周囲に伝染させていた事が判明した。それを受け人間政府はゼロの封印を決定するが、実際にはΣウィルス研究分野の科学者達の手により、思考プログラムとボディを別々の研究対象として分断した。


うん?X6って、そんな話でしたっけ?
それにしても、ゼロ迷惑すぎる。ここでオメガ誕生なんですね。

ゼロシリーズのストーリーの位置付けについては諸説ありましたが、X6のエンディングでゼロは封印されたルートがゼロシリーズ的には正規ルートということらしいです。この後、ゼクス、DASHと続き、X7以降はパラレルになるのかな。


1XX年前 マザーエルフ誕生
当時のレプリロイド研究者(Dr.シエルの曾祖母)が、ゼロの思考プログラムを解析しΣウイルス抗体を開発。Σウイルスを書き換え/消去するプログラム生命体、マザーエルフを完成させる。以後、Σウィルス研究分野の科学者が中心になりサイバーエルフの研究が開始される。


えっ?そうなの?
ゼロ2のエンディングでゼロがマザーエルフに覚えがある感じだったのは、そういうことなの?


1XX年前 イレギュラー戦争から妖精戦争へ
エックスがマザーエルフを行使することにより、イレギュラーが激減したこの時期をイレギュラー戦争終戦と定義する歴史家も多い。実際には戦火が耐えることは無く、後に、イレギュラー戦争後期を指して妖精戦争と呼ぶようになる。



1XX年前 プロジェクト・エルピスの提唱
人間のサイバーエルフ科学者の一部から、マザーエルフのプログラム書き換え能力を使ったレプリロイドの完全支配オペレーション「プロジェクト・エルピス」が提唱される。エックスはこれに反対するが、長く続く戦争の恐怖からレプリロイド完全管理の支持が出始める。エックスをはじめとする「共存派」と、人間政府を中心とした「支配派」との対立が始まる。


プロジェクト・エルピス?なんだそれ?と思ったらサントラ収録のドラマで出てくる言葉のようで。ゼロのサントラまだ集めてないからなぁ・・・。
でも、プロジェクト・エルピスの内容はこれで良いんでしょうか?


歴史は以上。頭痛くなってきた。もっと話を整理してほしいなぁ。話の梃入れという意味での矛盾(エグゼ1ではネットバトルは勝手にやっちゃいけなかったとかそんな感じの矛盾)ならまあいいのですが、これはその類じゃないなぁ。

あとはキャラ紹介から一部抜粋。


「伝説の蒼き救世主」エックス
「無限の可能性」「正しき行いをする者」の象徴としてネオ・アルカディアを統治していた伝説の青きレプリロイド。平和のため、同じレプリロイドを破壊することに悩みながら「イレギュラー戦争」を戦い続けたが、ゼロが眠りについたナイトメア事件の後も、それは変わらなかった。イレギュラー戦争末期(後に妖精戦争と呼ばれる)、エックスは、コピーボディを得たゼロの協力により、ダークエルフを捕獲、対ウィルス対策が整った自らのボディに封印する。ダークエルフを封印した際、その衝撃でエックスの魂はボディからはじき出され、5つのサイバーエルフに分裂。その内、4つはネオ・アルカディア四天王に組み込まれ、1つは世界を彷徨っている。


四天王にはエックスの分身が入っていたなんて・・・。
今まではエックスを元にしたって話でしたよね。ここまで密接な関係があれば、そりゃゼクスでダブルロックオンできますよね。まあ、何故、わざわざ分裂したのかはry


サイバーエルフ
人間にとって未知のコンピュータ生命体。通常、レプリロイドの意志、意識、人格などを指す事が多い。様々な科学者の手によりレプリロイドの思考に関する研究が続けられているが、プログラムそのものではない「生命体で無い者の意志」については広く認知されている。サイバーエルフは不可視であるが、レプリロイドには見る(感じる)事ができるようだ。レプリロイドの思考プログラムに作用する未知のコンピュータウィルス「Σウィルス」の研究分野では、ウィルスが「意志」に作用する事が判明しており、その「意志」をサイバーエルフと呼び、またその意志に働きかける事ができる存在(Σウィルス含む)も、サイバーエルフと呼称している。研究の成果はサイバーエルフによるレプリロイドの強化というレベルにまで達している。


誤植勝手に直しました^^

ここまで詳しいの見たことないなぁ。結局、曖昧な存在ではあるけど、ややこしくなってきた・・・。


シエル
シエルが使用しているバイザーは、かつてネオ・アルカディアでサイバーエルフの研究をしている時に使用していたもので、人間でありながらサイバーエルフを見たり、触れたりできる。


バイザーなしでパッシィイイイ!してた気がしないでもない。


ネオ・アルカディア
妖精戦争当事、エックスより人間を保護するための組織として「ネオ・アルカディア」が結成された。


妖精戦争中にできたんだっけ?



特にオチないけど、疲れたので終わりー!
私の知識は浅いので間違いもあるかもしれません。ツッコミ求む!

Secret

TrackBackURL
→http://darkmessiah.blog106.fc2.com/tb.php/588-ea0d7f59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。