2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
このブログの更新は終了しました。
新しいブログはこちらになります。
  スポンサーサイト    --.--.-- (--) --:--:--
カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  大神伝感想簡易まとめ    2010.10.04 (Mon) 05:51:05
カテゴリー:ゲーム全般
昨日で夏休みは終わり、今日から大学始まるのにこんな時間に起きてる私。


さて、9月30日に発売された「大神伝 ~小さき太陽~」(以下、大神伝)の話になります。ロックマン以外のゲームについて触れるのはゴーストトリック以来かな。
大神伝とは大神の世界観を引き継ぐ続編に位置するゲームです。前作・大神については過去に感想を書いてますので、詳しくはそちらを参照してください・・・と思ったら、ちゃんと紹介してなかった^^;
まあ、言葉で説明するよりは映像で見た方が早いと思いますので、知らないという人は公式サイトでも見てください。感想記事は、

駄飯日記DMB 神ゲー
駄飯日記DMB 少しだけやってみた(Wii移植版)


売れなかった名作・大神は多くの熱狂的なファンを抱え、期待されていた続編はクローバースタジオ(カプコンの子会社)の解散により困難なものとなっていましたが、カプコン内にも大神好きのスタッフが大勢いまして、秘密裏にDS向け大神の試作品を開発→江城プロデューサーに提出という流れを踏んで、ようやく続編のプロジェクトが開始されました。それが大神伝です。つい最近の続編の製作が決まったロックマンDASH3と状況が似てますね。DASHは10年以上経ちましたが・・・。
今回、製作チームの組成は全く別と言っていいので、名作・大神に泥を塗ることになるんじゃないか、といった不安もありながら、ファンはみんな嬉しかったんだと思います。開発の流れは公式ブログにまとめてあります。

大神伝 ~小さき太陽~ |開発日誌 発売まであと少しです!

おいおい、本開発始まったの去年の6月なのに、9月のTGSに体験版間に合わせたのかよ・・・すげぇ。


そして、遂にその大神伝が発売されたわけです。感慨深いですね。
私はイーカプコンの満点宝箱という限定版を予約していて、発売日当日は商品が19時過ぎと遅めに届きましたが、夜は色々と用がありまして、日を跨いで10月1日からのプレイ。そのまま徹夜→夕方寝るを2回繰り返して10月2日夕方に1周目クリア。およそ23時間かかりました。クリア後の特典もちゃんとあります。

20101004_01.jpg

20101004_02.jpg

大神伝はプレイする前から感想書く気満々でしたが、いつもの長文感想はそりゃすぐには書けないので、とりあえず、情報の新鮮さを保つ意味でも私がTwitter上で気紛れに発言したものをまとめという名のコピペをします(タイトルにある「簡易」とは手抜きということ)。あとで、ちゃんとまとめ直して、より詳細な感想を書く予定です。需要なくても自己満足なのでやります。感想書くの大好き。


では、ネタバレは避けたつもりですが、長いので読みたい方は続きからどうぞ。但し、かなり辛口評価してますので注意してください。本当にツイートそのままコピペなのでまとまりないのは許してください^^;
大神伝ぶっ続けで9時間プレイした後、果ててた。DSでここまでの表現力を実現できるのは凄いね #okamiden

DSでいかに大神を再現するかという点は物凄く拘ってるのは凄く感じられる。これだけのボリュームの3DアクションゲームをDSで作るっていうのも本気さが違うね

まあ、しかし、思った以上に前作やってた方が楽しめる部分が多くて、あまりに多すぎて、今作から入る人はちょっと損じゃないか?とも思わなくもない

大神伝クリア。総合評価的なものは「神」だった #okamiden http://twitpic.com/2twm45

@miyazoman まだ頭の中で整理してないけど、悪い点には触れますよ。でないと、個人的にそれはレビューとは言えないし。一言で感想言うなら、頑張ってるけど、もう一押しってところかなぁ。

クリアすると前作と似たような特典があって、音楽は度々流れる「奮起」がかっこよくてイイネ

小骨が足りなくて一度も神器強化できなかった。ここらへんの調整なんとかしてほしかった。素材集めとかやりたくない

壁ジャンプと2段ジャンプとダッシュの廃止、ジャンプの低さ、フィールドの分割によって移動が面倒。前作は気持ち良かったんだけど・・・ジャンプはもっと便利にしてほしかった

@nmajima 前作は妖怪牙だけだったし、PS2版はローディング画面で稼げたのですが、今回は面倒だということです。私のプレイスタイルによってると思いますが入手数にバラつきがあります

後半の敵はガードが長い奴が多いので、爆炎、恵雨、竜巻、雷光使いまくりのチキンプレイ。輝玉二式は活躍の場面なかったような

@nmajima むしろ、ローディング画面で稼いでましたw わかりにくいですよねぇ。妖怪の種類によって素材も異なるのが余計に煩わしく感じます

神器強化できなくてもいいもん・・・2周目は隠し武器使うから

あ、さっき神器強化素材集めるのが面倒って話だけど、無礼講があれば解決なんだよね。ボタン足りないけど

さっきから大神伝褒めてないことに気付いた。DSの限界に挑戦した感じでカプコンの技術力を知らしめさせられた作品です。スタッフみんなが大神という作品を愛してることもよくわかるので、その点、前作のファンの方が楽しみはずっと多い

まあ、良くも悪くもファンが作った作品って印象ではあるのですけど、しっかり愛が感じられるのはいいことです

ストーリーについてはネタバレなので近いうちにブログで感想まとめます

ボタン数の関係か武器の表と裏の装備がないのが残念。Rに回避割り当てて、Aで裏装備攻撃にすればいいじゃんとも思うけどね。左利きの人にはキーコンで対応

たしかに。ジャンプ低いし遅いしで回避に使えないし、攻撃もつながらない・・・。移動もあまり便利でない RT @nmajima: 大神伝にジャンプいらなくね?

いやしかし、グラフィックも凄いけど、音楽の力の入れようもハンパないね。最初から最後までイヤホン付けてプレイしてたけど正解だった

感想まとめるに当たっての整理やメモ書きのつもりで発言してるんだけど、なんとなく言いたいことは既に言った感じ

そういや、ムービースキップ導入は褒めて然るべきだけど、セリフ送りがオートのシーン多すぎってのも忘れちゃいかんな

相棒はクニヌシとナナミのデザインがかわいくて好き

あ、今更ながらにOPの語りが誰なのかわかった #okamiden

不満覚書。移動できるマップが制限される期間が長くて、神器強化できない期間も長い。まあ、素材足りてなかったんだけども

クリアしたのでハッシュタグ覗いてみたら、みんなも小骨取れてなくて吹いた。まずあれが取れないと何も強化できやしねぇ・・・ #okamiden

時代設定が前作から9ヶ月後というのは、10ヶ月の間を置かないためだったのだろうか。根拠はクニヌシという存在

そういや、サクヤのデザインが変更になってるのは何故?どこが?って尻

妖怪素材も神器も引き継いでくれないのってなんかなぁ。強化させる気あるのかなぁ

1周およそ20時間かかるゲームでセーブデータ1つってなぁ・・・

満点宝箱に入ってる小説長くないので読んでみたけど、なんか別作品って印象 #okamiden

昨日から「奮起」が脳内ループ中。演出的な盛り上がりに欠かせない。前作の「太陽は昇る」「ありがとう」のような曲も欲しかったけど、全体的によくできてる。DSのサウンドは貧弱なので、かなり苦労したんだろうなぁ #okamiden

うざいと言えばウシワカだけど、直接の登場がないとはいえ、今回は本気でうざかった。ウシワカファン的にはあれはどう受け止めるのだろう

大神伝はよくできてるんだけど、なんかいまいちスッキリしない。主にストーリー的な意味で。前回の伏線を回収しないし、今回の重要な部分を伏線として残したままってのが・・・次回作作る気満々なんだなとは思うけど

真面目に大神伝の売上が気になる。かなり広告に力入れてたし、満点宝箱とか用意するあたり本気さがよくわかる。それ故に、次回作出せるかが心配。原作ファンは多いけど、神谷さんが関わってないからやらないっていう人も多そうで

大神伝の小説読むとさ、文章による描写とゲーム中での表現には乖離があって、文章で補完されてた部分がゲームでは無骨になってしまうとかあるのかなぁと

大神伝にチビオキクルミみたいのいなくて残念

大神伝のキャラでマンプクが一番好きって人いるのかな?(←嫌味

いや、なんかあまりに普通すぎて・・・別に大食いってだけじゃ魅力的な個性には成り得ないと・・・

発売してあまり間がないってのもあるけどpixivに大神伝の絵はまだあんまりないなぁ。チビ公はもちろん、相棒は大体好き。あとは子撃神かあいい

@miyazoman どうしよう、大神伝考えれば考えるほど人に勧められるような文章書ける気がしない。前作未プレイの人は前作やった方が良いと思うし、前作ファンならDSでもある程度違和感なくプレイできるよう配慮されてる再現度は楽しめるものの、その他の要素については賛否両論になるかと

@miyazoman 面白くないわけではない。DSでこのボリューム、グラフィック、サウンドはかなり凄い。けど、前作の影を変に引きずってしまった感が拭えなくて、前作ファンなら否定的な意見を持った場合、それは結構強いものになる。前作の偉大さを知る

今思ったんだけど、大神伝は1人確固たるぶれない軸を持ってディレクションできる人が必要だったんじゃないかと。まとまり感がないというか

最初「おぉ、ここ上手く再現してるなぁ」と感心してたテンションが散見される違和感やストーリーの詰め込み感などによって段々と下がっていき、失速したまま終わったという後味の悪さがねぇ・・・

個人的に、大神はアクションゲームというには筆しらべ要素がそうではないことを示しているような気がして(それでも私はアクションと言うけど)、戦闘面はあまり気にしてない。今回の評価の大部分はストーリーとキャラクターで占めてるので辛口になる

と言っても、プレイ始めてから毎日頭の中で「奮起」が流れるんだ。今回のテーマ曲の一番盛り上がる部分を集めた感じで凄く滾る。演出がもっと丁寧であれば、「太陽は昇る」「ありがとう」並に思い入れの深い神曲となっただろうに

私が感想書くと大抵辛口になるので(殆ど褒めることしかできないゲームもある)、その作品を本当に気に入ってる人の癪に障らないか、作品を嫌いになってしまわないかが心配。私が本当に嫌いな時は感想書く気すら起きないと思うので、それだけ想いが強いと受け取ってもらえたら幸い

あー、でも、例外的にこれは受け付けないっていうゲームでもロックマンなら容赦なく書く。それはそれで愛


・・・という感じです。思った以上に書いてました。大体の感想はもう言ってあるつもりですが(端的には「良くも悪くもファンが作った作品」というのがそう)、まだまだ細かい部分について触れていきたいと思います。
ちなみに、一度も触れてませんでしたが、タッチペンでの筆しらべは非常に快適です。輝玉使いやすくなった!と喜んでる人続出です。遊びやすさの面ではよくできていますね。偶にカメラワーク悪いけど。

Secret

TrackBackURL
→http://darkmessiah.blog106.fc2.com/tb.php/660-6349a02c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。